はぴねすウエディング

   

ウエディング費用を抑えるためには

愛する人と結婚式を挙げるというのは、新郎新婦にとって喜びでもあり大きな仕事でもあります。女性であれば、あこがれの純白のウエディングドレスを着ることが出来るのは、夢のようだと感じることでしょう。ドレス以外にも、着物を着られるので最高に幸せな気持ちになることでしょう。また、美しく飾った花嫁さんを見る新郎も幸せといえます。しかし、あこがれの結婚式をあげるのに必要なことといえば、やはり費用です。ウエディング費用は招待人数や、内容などによって大きく異なりますが、仮に両家の親と兄弟だけの10人ほどの小さな規模であっても130万円ほど必要になります。この費用に中には新郎新婦の衣装、食事代、引き出物代、写真代などが含まれています。ゲスト1人当たり3万円のご祝儀を頂いたとしても総額30万円ですので、自己負担金額として100万円必要になります。そして、両家の親兄弟に加えて、親族や親しい友人を招待しての20人規模ですと平均して160万円かかります。ほとんどのカップルは、両家の親兄弟、祖父母、親せきに加えて職場の上司や友人などを呼びますのでもっと大規模になりますので、その分費用も必要です。しかし、結婚式を挙げた後も新婚旅行や新居の準備などのお金も必要です。では、お金はどのように用意すれば良いのでしょうか?それは、やはり二人で一緒にためることです。もし夫になる人がかなりの経済力があり「ウエディング費用のことは、一切心配しなくていいすべて自分が出すので何も気にしなくて大丈夫だよ」という人であれば甘えることが出来ますが、大抵は新郎新婦一緒にためるケースが多いようです。ためるためには、デートの時に節約するというのも一つの方法です。外食をするのではなく手作りのお弁当をもって公園に行くのも、楽しいデートになることでしょう。お金もコツコツために大きな結婚式あげることも立派なことかもしれませんがそれよりも大切なことは、身の丈に合ったウエディングをあげることです。もし、あまり金銭的に余裕がないのであれば無理に大きな式を挙げるのではなく、小規模でアットホームなものにすることもできるでしょう。例えば、結婚式場で結婚式を挙げるのではなく、近くのおしゃれでお庭が美しいレストランであげるのも一つの方法です。結婚式でプロのカメラマンにお願いすると15万円から20万円必要になりますが、もし友人に趣味でカメラをしている人がいるなら、友人にお願いするのも良いでしょう。金銭面に余裕がないのに借金をしたり、親に出してもらって式を行うなら、後になって大変な思いをしますし体力的にも精神的にも、疲れてしまうことでしょう。実は、私自身は小さな結婚式を挙げることを理想としていましたが、目立ちたがり屋の彼が「できるだけたくさんの人を呼んで、楽しくにぎやかにしたい」と言ってきたので、300人ほど招待しました、やはりかなりお金がかかってしまいました。しかも、準備のために時間も体力もかなりかかってしまい、結婚式が終わった後はヘトヘトになってしまい、彼は式の晩頭痛と吐き気に襲われていました。しばらくは結婚式で撮った写真を見るのも嫌になるほどでした。「できるだけお金をかけて大きな式を挙げたい」と言ってた彼は「結婚式は小さくするのに限る」というようになり、独身の後輩たちにも「身の丈に合ったシンプルで簡素な結婚式をあげるように」とアドバイスをするほどになりました。もし、ウエディングをあげる費用さえもない場合には、ウエディングフォトだけを残して飾るのも一つの方法でしょう。そして、お金がたまったならシンプルでアットホームな式をあげましょう。

ご祝儀 , 家族挙式 , 費用