はぴねすウエディング

   

神前式のウエディングについて

神前式のウエディングというのは、要するに神の前で結婚の誓いを立てることを指します。簡単に言えば、教会で結婚式を挙げるというイメージでしょう。教会とはキリスト教の教会のことです。日本人の場合、本当の意味でのキリスト教徒というのは非常に少ないでしょうが、その割には神前式のウエディングの割合は少なくありません。これは日本人の西洋文化に対する憧れが背景にあると考えられます。また、そもそも宗教観に乏しい民族であるということも忘れてはならない背景でしょう。
自分自身の宗教観を大事にすることが当然と思われている民族の間では、ある特定の決まったときだけあたかもその宗教の信者であるかのように振る舞うことは非常に奇異に見られるというか、何かちょっと理解しがたい行動のように思われることがあります。とくに、結婚式というような人生の非常に重要なポイントではなおのことです。
ところが日本人の場合、このような点に非常に鈍感というか、良い言い方をすれば非常に寛容です。多くの日本人は基本的に仏教がメインの宗教のはずですが、仏だけでなく神をまつっている神社に初詣などでごく普通に参りますし、キリスト教の行事であるクリスマスを祝う人は多いでしょう。最近ではキリストの復活祭を祝うイースターなどもだんだん日本人の日常行事に定着しつつあるといった具合です。
ということで、ウエディングを神前式で行いたいからといって、その人が熱心なキリスト教信者でなければならないというようなことは、少なくとも日本においてはありません。ただ、街中にあるキリスト教の教会で結婚式を挙げるような人は確かに信者に限られることが多いのではないでしょうか。そもそも、街中にも教会というものは探せば実はあることが多いのですが、存在そのものをほとんど気にかけていないというか、知らないという人が多いでしょう。普段の宗教観がまさに現れているということができます。
多くの場合、神前式のウエディングはホテルなどに併設されているチャペルで行われることが多いようです。有名なホテルであればこのようなチャペルを持っていて、専属の牧師さんが結婚式を執り行ってくれます。結婚式の相談所などで相談するか、あるいはホテルに直接問い合わせるなどしても良いでしょう。
このようなタイプの結婚式を挙げることは、もちろん新郎新婦の希望を満たせるということが最も重要なことではあるでしょうが、その他にもメリットが多いことが考えられます。例えば、チャペルを併設しているようなホテルであれば、大きなバンケットホールなども持っていることが普通でしょう。となると、結婚式を挙げた後、そのままホテル内で場所を移動して披露宴を挙げることができるでしょう。披露宴の場所を大きく移動しなくて良いというのは本人や参加者にとってメリットであることは間違いありません。
また、それくらいに規模の大きなホテルであれば、普通は交通の便の良いところにあるケースが多いでしょう。これも大きなメリットです。遠方からやってくるような人がいる場合、交通の便の良いところというのは重要なポイントになるからです。また、宿泊しなければならない人がいる場合も、ホテルであれば全く問題はないでしょう。
また、神前式のウエディングの場合、参列者が参列しやすいという特徴もあります。チャペルというか教会の場合、もともとが人々が参列しやすいように作られているわけですから、それをそのまま結婚式に使うことができます。これが一般的な神社とかその他の場所や方法で結婚式を挙げる場合、参列者にとって式に参列しやすくなっているとは限らないためで、この点でもメリットがあると言えるでしょう。

披露宴 , 教会 , 神前式